教養試験

※No.1~No.11については、著作権の都合により非掲載

No.12

サッカーの地区大会がトーナメント方式で行われ,A~Hの8チームが参加した。試合について次のことが分かっているとき,「優勝チーム」と「決勝戦での優勝チームの得点」の組合せとして正しいのはどれか。

 ○ トーナメントの組合せは図のとおりであった。
 ○ 全ての試合は1点以上の得点の差が9いて勝敗が決まり,引き分けはなかった。
 ○ 各チームの得点の合計と失点の合計は表のとおりであったが,一部は未記入のままとなっている。

優勝チーム 決勝での優勝チームの得点
1 B 3
2 B 4
3 D 1
4 H 3
5 H 4


No.13

A, Bの2人が下のような5×5のマス目の図が書かれた紙を1枚ずつ持ち,次のようなゲームを行う。

① Aは,自分の図の中の任意の二つのマス目に丸印を付ける。
② Bは,相手の図を見ずに任意の一つのマス目を指定する。
③ Aは,Bが指定したマス目及びその周囲のマス目にある丸印の個数を回答する。
  なお,Bが指定したマス目に対する「周囲のマス目」とは,例えばBが「イ2」を指定した場合にはア1,ア2,ア3,イ1,イ3,ウ1,ウ2,ウ3を指し,「ア4」を指定した場合にはア3,ア5,イ3,イ4,イ5を指す。
④ Aがどのマス目に丸印を付けたかをBが当てるまで②,③を繰り返す。

 Bが指定したマス目及びそれに対するAの回答が表のとおりであったとき,確実にいえるのはどれか。



1 Bが「ウ3」を指定しAの回答が「2個」であれば,丸印が付いた二つのマス目は特定される。
2 Bが「ウ3」を指定しAの回答が「1個」であれば,ア3に丸印がある可能性はない。
3 Bが「イ5」を指定した場合,Aの回答は必ず「1個」である。
4 Bが「ウ2」を指定した場合,Aの回答は必ず「1個」である。
5 Bが「エ2」を指定した場合,Aの回答は必ず「O個」である。


No.14

A~Gの一行は,4人が男性,3人が女性であり,旅行先のホテルにおいて,図のような位置関係のルームI~Ⅳの4部屋に分かれて宿泊した。ホテルにおける部屋割りについて,3部屋には2人ずつ,1部屋には1人が宿泊したことのほか,次のことが分かっているとき,確実にいえるのはどれか。

 ○男性と女性は別々の部屋だった。
 ○男性の泊まる部屋は隣り合っていた。
 ○AとCの部屋は隣り合っていた。
 ○AとDは男性で,別々の部屋だった。
 ○AとGは別々の部屋で,さらに隣り合っていなかった。
 ○Bは女性で,ルームIVに宿泊した。
 ○Fは1人で宿泊した。

1 AはルームIに宿泊した。
2 BとGは同じ部屋に宿泊した。
3 EとFの部屋は隣り合っていた。
4 FはルームIIIに宿泊した。
5 Gは男性である。


No.15

卓球サークルに所属するA~Hの8人のうち,A~Dの4人は紅チーム,E~Hの4人は白チームに分かれて,チーム対抗の紅白戦を2回行った。各回の紅白戦では,シングルスの試合を4試合行い,各チームの全員が出場した。対戦相手について,1回目の紅白戦では,紅チームのA~Dが,それぞれ白チームのE~Hのいずれかと対戦し,2回目の紅白戦では,全員が1回目の相手とは異なる相手と対戦したことのほか,次のことが分かっているとき,確実にいえるのはどれか。

 ○I回目にBと,2回目にDと対戦した白チームの選手がいる。
 ○1回目にGと,2回目にHと対戦した紅チームの選手がいる。
 ○Dが1回目に対戦した白チームの選手とは,2回目にはCが対戦した。
 ○AはEと対戦した。
 ○CはGとは対戦しなかった。

1 1回目にAはHと対戦した。
2 2回目にDはFと対戦した。
3 BともCとも対戦した選手がいる。
4 CはFとは対戦しなかった。
5 DはHと対戦した。


No.16

A~Eの学生5人における政治学,経済学,行政学,社会学,法律学の5科目の履修状況について次のことが分かっているとき,確実にいえるのはどれか。

 ○5人が履修している科目数はそれぞれ3科目以内である。
 ○政治学を履修している者は2人いる。
 ○経済学を履修している者は2人おり,そのうちの1人はAである。
 ○行政学を履修している者は3人おり,そのうちの1人はAである。
 ○社会学を履修している者は3人おり,そのうちの2人はAとDである。
 ○法律学を履修している者は4人いる。
 ○AとEが2人とも履修している科目はない。
 ○Cは政治学も社会学も履修していない。

1 Bは政治学を履修していない。
2 Bは行政学を履修していない。
3 Cは経済学を履修していない。
4 Dは経済学を履修していない。
5 Dは行政学を履修していない。


No.17

体育館にいたA・B・C・ 図書館にいたD~Gの計7人が次のような発言をしたが,このうちの2人の発言は正しく,残りの5人の発言は誤っていた。正しい発言をした2人の組合せとして最も妥当なのはどれか。ただし,7人のうちテニスができる者は2人だけである。

 A:「私はテニスができない。」
 B:「テニスができる2人はいずれも図書館にいた。」
 C:「A,Bの発言のうち少なくともいずれかは正しい。」
 D:「Eはテニスができる。」
 E:「Dの発言は誤りである。」
 F:「D,Eの発言はいずれも誤りである。」
 G:「図書館にいた4人はテニスができない。」

1 A,C
2 A,G
3 B,F
4 C,E
5 E,G


専門試験

No.1

政治の制度と過程に関する次の記述のうち,妥当なのはどれか。

1 税制や社会保障制度のように外国に片迦した政策課題を解決するために採用される施策が,国ごとに違うことの理山を説明するにあた9ては,それぞれの国の制度に注目したアプローチがなされることが多い。こうしたアプローチのうち,政治的アクターの行動とは切り離されたフォーマルな制度の仕組みに専ら注日したものが歴史的新制度論と呼ばれる。

2 政府の規制緩和によって市場の活性化が進んだ場合,以前からその市場に参加している企業の利益は増大することが多い。この増大した利益は政治的レントと呼ばれるが,企業は政治的レントを獲得するために政府に対して規制緩和を進めるよう様々な働きかけを行う。こうした活動はレントシーキングと呼ばれる。

3 与党政治家と官僚の関係を「本人一代理人関係論」(プリンシパルエージェント理論)で見た場合,与党政治家が「本人」(プリンシパル),官僚が「代理人」(エージェント)となるが,一般的に「本人」は「代理人」を十分に監視しきれないため,「代理人」が自己利益のために「本人」の意向から逸脱した行動をとることが往々にして生ずる。こうした逸脱はエージェンシー・スラックと呼ばれる。

4 一般的に,ある政策領域に関して,それぞれの政党にとってこれ以上は妥協できないという限界点が存在する。こうした限界点の存在により,その政策領域に含まれる法案の審議において,政党間の合意が困難となることがしばしばある。このように合意を困難とするような,それぞれの政党にとっての政策上の限界点をE.イマグートは拒否点(veto points)と呼んだ。

5 今日の多元的社会には,極めて多様な政策的要求が内在しているoこれらの政策的要求は,政治のアリーナにおいて,様々な利益集団によってそれぞれに異なるチャネルを通じて表出されるが,それらが実際にどの程度実現するかは,それが表出されたチャネルの数や特性によって大きく異なってくる。このことは経路依存性と呼ばれる。