このページでは、国税専門官の最終合格ボーダー情報をまとめています。


※国税専門官の、ボーダーは全国共通です(受験地ごとにボーダーが異なることはありません)。

スポンサーリンク

最終合格ボーダー情報

国税専門官の最終合格ボーダー情報(平成29年度)

【最終合格点:529】


下記の表をご覧ください。
国税_最終合格


この表は、人事院により公表されている、「平成28年度国税専門官採用試験 合格者の決定方法」及び「平成28年度 国税専門官採用試験 合格点及び平均点等一覧」に基づき作成したものです。


表の中で、緑色の部分は、「専門記述試験」と「面接試験」で足きり(専門記述30点未満または、面接C未満)とならない限り、最終合格が可能な素点の組み合わせとなっています。


また、水色の部分は、面接が「B」以上であれば、「論文試験」で足きりにならない限り、最終合格が可能な、択一試験の素点の組み合わせとなります。


同様に、オレンジ色の部分は、面接が「A」以上であれば、「論文試験」で足きりにならない限り、最終合格が可能な素点の組み合わせです。


白い部分は、「論文試験」と「面接試験」の成績次第で、最終合格となりますが、どちらもそれなりに高成績であることが必要です。


なお、赤い部分は、足きりではないものの、第1次試験で不合格となる素点の組み合わせです。


受験生による最終合格ボーダー情報

【素点計】合格:○、不合格:×、性別、(教養素点,専門素点)、専門記述(手ごたえあり:○、どちらでもない:△、手ごたえなし:×)、面接(手ごたえあり:○、どちらでもない:△、手ごたえなし:×)
※下記のボーダー情報は、受験生による情報をまとめただけのものであり、真偽については不明です。


【74】
「○、男(34,40)、○、○」


(中略)

【67】
「○、男(33,35)、○、△」


(中略)

【64】
「○、男(29,35)、△、△」


(中略)

【61】
「○、男(29,32)、○、△」


【60】
×


(中略)

【56】
×


【55】
「○、男(24,31)、○、△」「×


【54】
「○、女(27,27)、△、△」「○、男(24,30)、○、△」「○、男(24,30)、△、△」


【53】
「○、男(25,28)、△、○」「○、男(24,29)、×、×」「×、(27,26)」


【52】
「○、男(26,26)、△、○」


【51】
「○、女(24,26)、△、△」「○、男(23,28)、○、△」「○、男(21,30)、○、○」「×


【50】
「○、男(22,28)、△、△」「○、?(19,31)、○、△」「○、男(19,31)、△、△」


【49】
「○、男(26,23)、×、△」「○、男(19,30)、△、△」


【48】
「○、男(29,19)、×、○」「○、男(22,26)、×、△」「×


【47】
×、?(21,26)、○、×」「○、男(23,24)、×、△」「×、(23,24)、×、△」「○、男(19,28)、△、?」


【46】
×、男(23,23)、×、○」「×、男(21,25)、△、△」


【45】
「○、男(17,28)、△、△」


【44】
「○、男(23,21)、○、○~△」


【43】
「○、女(24,19)、×、○」「○、男(21,22)、△、△」「○、男(19,24)、△、○」「○、男(18,25)、×、△」「○、男(15,28)、○、○」


【42】
「○、男(18,24)、△、△」


【41】
「○、?(41)、○、?」「×、男(25,16)、△、△」


【40】
「○、男(17,23)、○、○」


国税専門官のボーダー確認・予想


最終合格倍率

【年度】、倍率(小数第3位を四捨五入)、(最終合格者数/申込者数)※受験者数は公表されていません

【H28】
(全体)5.29倍 (3,032/16,051)
(男) 5.48倍 (1,884/10,324)
(女) 4.99倍 (1,148/5,727)

【H27】 4.01倍 (3,291/13,197)
【H26】 5.83倍 (2,834/16,510)
【H25】 6.74倍 (2,539/17,114)

スポンサーリンク

地域別合格者数

地域 合格者数(人)
札幌 89
盛岡 57
仙台 97
高崎 11
さいたま 170
東京 707
新潟 74
松本 37
名古屋 293
金沢 124
京都 194
大阪 442
松江 21
岡山 108
広島 94
高松 70
松山 36
福岡 211
熊本 70
鹿児島 36
那覇 91
合計 3,032