ここでは、まずはじめに、一般的に言われている公務員試験の試験別難易度を示します。


その後で、私が過去、実際に受けた公務員試験を基に、その筆記試験の難易度について、ランキング形式で紹介します。

偏差値で見る公務員試験のボーダー


スポンサーリンク

一般的な公務員試験難易度ランキング

はじめに、公務員の筆記試験について、一般的に言われている難易度のランキングを示します。


なお、このランキングは、筆記試験のみではなく、その後の面接試験なども加味した難易度を示しています。



難易度 試験種別
☆☆☆☆☆ 国家総合職、国立国会図書館総合職、衆・参議院事務局総合職、裁判所事務官総合職
☆☆☆☆ 国立国会図書館一般職、衆・参議院事務局一般職、裁判所事務官一般職、外務省専門職、財務専門官、航空管制官、労働基準監督官、都庁、上位政令市
☆☆☆ 国家一般職、防衛省一般職、道・府・県庁、政令市
☆☆ 国立大学法人、皇宮護衛官、国税専門官、法務省専門職、特別区、中核市
入国警備官、刑務官、自衛官、市役所、町・村役場、東京消防庁、警視庁、消防官(大卒)、警察官(大卒)




国家公務員の筆記試験難易度は、国家総合職を筆頭に、他の国家総合職系、国家専門職、国家一般職の順となっているようです。


国家総合職系の試験難易度が高くなっているのは、その採用予定数の少なさに起因するものと考えられます(試験種別によっては採用予定数1桁の場合もあります)。


また、他の国家専門職に比べて、国税専門官の試験難易度が低いのは、国税専門官の採用予定数(1,000名を越える)が他の国家専門職の採用予定数(数十名~百数十名)よりも、圧倒的に多いことが理由であると考えられます。


一方で、地方公務員の筆記試験難易度は、自治他の規模が大きいほど高く、試験の難易度と自治体の規模には正の相関があると言えそうです。


これから独学で公務員試験対策をしようと考えている人には、学習の進め方などの点で、下記の本が参考になります。

私が受けた公務員試験の種類

私は、かつて国家公務員試験、地方公務員試験ともに、相当な数の試験を受験しました。
その一覧を以下に示します。

  • 国家公務員
    • 国家I種(現:国家総合職)
    • 国立国会図書館II種(現:国立国会図書館一般職)
    • 裁判所事務官II種(現:裁判所事務官一般職)
    • 国家II種(現:国家一般職)
    • 国税専門官
    • 国立大学法人

  • 地方公務員
    • 都道府県庁・政令市
      • 東京都I類B
      • 大阪府
      • 札幌市
      • 川崎市
      • 相模原市
    • 市町村・一部事務組合
      • 熊谷市
      • 多摩市
      • 瑞穂町
      • その他(4市2町)
      • 四市複合事務組合
スポンサーリンク

公務員試験難易度ランキング(筆記)

次に、実際に試験を受けた上での、私の実感に基づく、難易度ランキングを示します。


※あくまでも私の実体験に基づく、私的なランキングです。当然、同じ試験でも、その難易度には受験者によってばらつきがあります。また、ここで紹介するランキングは、あくまでも筆記試験のみを対象としたものであり、面接試験などを含めた試験全体(最終合格)の難易度を表すものではありません。


難易度 試験種別 備考
☆☆☆☆☆ 国家総合職 公務員試験の中で、日程的に1番早く試験が行われるので、後に受ける本命試験の練習という気持ちで受けました。全く対策をしていなかったのもありますが、かなり難しく感じました。当然、筆記試験で落ちました。
☆☆☆☆ 裁判所事務官一般職、国家一般職 両方とも筆記試験で落ちました。国家一般職については、かなり対策をしたのですが、科目数が多いこともあり力及ばずでした。
☆☆☆ 国立国会図書館一般職、国税専門官、都庁、札幌市 筆記試験は合格しましたが、割と難しめの問題だと感じました。
☆☆ 国立大学法人、大阪府、川崎市、相模原市、熊谷市、多摩市 大阪府の筆記試験には落ちましたが、他の試験同様、特別難しいとは感じませんでした。
他市町、四市複合事務組合 筆記試験は全て合格しました。教養のみの試験も多く、難しくはありませんでした。



偏差値で見る公務員試験のボーダー